厨房機器の買取・リサイクル【厨房買取王】のコールドテーブルの基礎知識

コールドテーブルの基礎知識

今回は、コールドテーブルの基礎知識について掲載していこうと思います。夏のこの季節・コールドテーブルの買い替えを検討する際にも少しでも役に立つ知識や記事となれば、誠に幸いと考えています!

コールドテーブルの復習

コールドテーブル

改めてコールドテーブルについて記載致しますが、コールドテーブルとは冷蔵庫と冷凍庫が一体になった厨房機器とお考え頂けるとわかりやすいかと思います。 普通の冷蔵庫にも冷凍室がついているじゃん!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、コールドテーブルの場合は限られたスペースをいかに上手く活用できるか?がある種テーマとなっているので、冷蔵庫のように縦長になっているものはまずありません。基本的に1段で、あとはその中でどれだけ横幅が大きかったり、中の部屋が細分化されているか?というのが違いになっています。

コールドテーブルのサイズ感の相場

コールドテーブル

もちろんメーカーや機種によって変化はありますが、まず奥行きについては500mm〜800mm程度が相場と言われています。それから横幅ですが、1500mm前後が相場と言われています。容量などは横幅に依存することになるわけです!注意したいのは、コールドテーブルのタイプによって、2枚扉なのか3枚扉なのかが分かれるパターンがあるので、スペース的に十分収まるとしても、扉の方向の関係でうまく開くことや使うことができない!なんていうこともありえたりします。買い替えなどを検討される場合は、そのあたりのことを十分に注意頂けるといいのではないかと思います。もちろん買い替えの際、既存の厨房機器の売却についてはぜひとも厨房買取王をご利用くださいね!

その他の活用法

コールドテーブル

その他コールドテーブルの活用法ですが、やはり置き台としても活用できる点ではないでしょうか。相当スペースがギリギリで…という場合を除いては、コールドテーブルの上に何かのモノを置く事はできると思います。コールドテーブル自体もしっかり頑丈としたものになるので、ある程度重量のあるものを乗せても特に問題ないのではないでしょうか。さすがにコールドテーブルを2つ縦に並べるなんてことは厳しいとは思うのですが…

まとめ

厨房機器の厨房買取王では、コールドテーブルの高価買取を強化しています!買い替えや使用しない等、何かしらの理由でご不要になられたものがありましたら、ぜひ一度ご連絡ください!査定は無料ですので、お気軽にご相談頂ければと思います。

厨房機器・業務用キッチン用品の高価買取りなら
専門店「厨房買取王」まで是非ご相談下さい!

カテゴリー:商品紹介