厨房機器の買取・リサイクル【厨房買取王】のブラストチラーってなんだろ?冷凍庫と違うの?

ブラストチラーってなんだろ?冷凍庫と違うの?

hozizakibrust.jpg

飲食店での悩みは食材の保存です。
作った素材の品質を落とさずに保存することが出来れば、食材廃棄のロスを防ぐことが出来ます。

ただ、食材を業務用冷凍庫に保管すれば実現できるのかと言うとそう簡単にはいきません。

これにはブラストチラーと呼ばれる機械を使用するんです。

ブラストチラー技術とは?

ブラストチラーという言葉を聞いたことありますか?

 

「なんとなく聞いたことあるけど価格も高いし冷凍庫じゃダメなの?」

 

と思う人は多いのでは?

冷凍庫もブラストチラーも食品を『冷やす』という意味では同じなのですが、用途が全然違うんです。

 

食材は時間がたつことで菌が発生し品質が悪くなっていきます。
この菌が発生しやすい温度が62度~10度くらいの温度と言われています。

つまり、作った食材すぐにこの温度の範囲外にしてしまえば、菌の繁殖を少なくし食材の品質低下を遅らせることが出来るんです。

 

それでは作り立て熱々の食材を通常の業務用冷凍庫に投入するとどうなりますか?
冷えるまでにはかなりの時間がかかってしまいますよね?

それどころか庫内の温度が上昇し回りの食材にも影響を与えてしまいます。

 

ブラストチラー技術とは、この熱々の食材を急速に冷却し3度くらいまで一気に冷却する技術なんです。

ブラストチラーですぐに冷却された食材は菌の繁殖が非常に少なく、長持ちするんです。

ただ、ブラストチラーにできるのはここまで。

 

実際に保存するために凍らせるには『ショックフリーザー』というものを使います。


ブラストチラーとショックフリーザーはお友達

良くブランストチラーとショックフリーザーを同じ物と捉えている方がいますがこれは別物なんです。

 

ショックフリーザーは常温以下の食材を一気にマイナス18度程度まで冷凍する機械なんです。

 

つまり、
・ブラストチラーは冷却機
・ショックフリーザーは冷凍機

という関係なんです。

 

ブラストチラーにはショックフリーザー機能を持った機械が多く出回っているので混合しやすい原因なんですね。

ブラストチラーを購入する際にはこの『ショックフリーザー』機能がついているかを確認するようにしましょう。

 

両方の機能を持ったメジャーな機器は下記のものが挙げられます。

 

・ホシザキ ラピッドチラー
・福島工業 ブラストチラー/ショックフリーザー

 

このあたりが有名ですね!

 

ブラストチラーは高価だけど得られる経費削減効果は抜群です。
業務効率化、食材廃棄のロスを抑えたいなら検討してみて下さい。

 

厨房買取王ではブラストチラーの買取を行っています。
ブラストチラーの中古需要は大変高いため高価買取が期待できますよ!

厨房機器・業務用キッチン用品の高価買取りなら
専門店「厨房買取王」まで是非ご相談下さい!

カテゴリー:商品紹介