東京・神奈川横浜厨房買取王のブログ

冷凍食品に代表される素晴らしい冷却技術

hozizakibrust.jpg

こんにちは
今日は冷たいお話をしてみたいと思います。
冷却冷凍について少し詳しく見てみましょう。

厨房機器である「ブラストチラー」「ショックフリーザー」
実はこの2つ、大きく違うんです。

⦿「ブラストチラー」とは:「冷却技術」
調理直後(90℃前後)の温度帯から投入可能
➡高速で冷却する菌が繁殖しやすい温度帯を高速で通過食材の劣化防止

⦿「ショックフリーザー」とは:「冷凍技術」
常温の温度から投入可能
高速で冷凍する細胞の破壊・酸化を防ぐ凍結前と同じ品質で再現が可能

上記の高速冷却技術により、「食材の香り・鮮度・色合い・栄養の保持」が可能になりました
また、高速冷凍技術により、「食材の長期保存」が可能になりました

【食品を冷凍するという事】
食品を冷凍すると、食品細胞内の水分は凍結し、氷の結晶に変化します。

※-1℃から-5℃の温度帯が最大氷結晶生成温度帯と言われています。
この温度帯をゆっくり通過すると、食品細胞内の水分が膨張し、膨張した氷の結晶が細胞を内側から破壊してしまいます。
冷凍を高速にすることにより、この温度帯を高速に通過、細胞破壊を防ぐことができるのです。

 

この2つの機能を併せ持った機械があれば、食品の作り貯めが可能になり、作業の効率化はもちろん、廃棄品の削減やメニューを増やしたり、収穫時期などによる価格変動の影響からも回避できます

~有名ブラストチラーのご紹介~
●ニチワ NBCシリーズ
●フクシマ ブラストチラー&ショックフリーザー
●ORION社 ブラストチラーRBシリーズ
●イノリックス・マルチフレッシュ
●パナソニック FCSシリーズ

どのような食材を冷凍保存したいのか、どのような調理品を冷却したいのか、目的によって選ぶ機器が変わってくると思います。
冷凍機ならショックフリーザー搭載の冷凍機、冷却機ならブラストチラー搭載の冷却機がおすすめです

急速冷却技術、急速冷凍技術を使って効率よく、美味しく楽しい調理ができるといいですね

厨房買取王ではブラストチラー、ショックフリーザー、もちろん高価買取り強化中です
ご売却のご相談、お待ちいたしております

 

カテゴリー:厨房機器について