東京・神奈川横浜厨房買取王のブログ

ホシザキのロゴマーク『ペンギン』について

アデリーペンギン

こんにちは
今日は有名なホシザキのロゴマーク「ペンギン」について小ネタです(笑)

●さて、このペンギンは何ペンギン?答えは「アデリーペンギン」です
世間一般のペンギンイメージに最も近い姿をしているペンギンが「アデリーペンギン」。
体調は60~70㎝。白と黒のツートンカラーで、目の周りの白いアイリングが特徴です
 

東京オリンピックが開催された1964年、ホシザキは日本で初めて全自動製氷機の開発に成功、販売を開始しました
まだまだ日本では「製氷機」という言葉が知られていない時代・・・
製氷機をアピールするためのイメージキャラクターとして誕生したのがペンギンです

 

このペンギンマークには創業者の強い想いがあるそうです
「マークは目を引きやすく、覚えやすいもの。製品が顧客の信頼を得れば、その製品についているシンボルマークに価値が出て、そのマークのついている製品は信頼できる、とつながる。そしてその期待を絶対に裏切らないようにすることが大切」と


最初のマークの候補としてあがったのはシロクマとペンギンでした。
どちらもホシザキの代表作「製氷機」のイメージにぴったりです
ペンギンに決めたのは、ペンギンの方が「愛嬌があって親しまれやすい」ということからペンギンに決定
そして、幾度かの変更の途中、アデリーペンギンと一目でわかるアイリングがペンギンマークのデザインからなくなっていました
2016年7月、ペンギンマークの原点に立ち戻ったホシザキはアデリーペンギンの特徴であるアイリングを表現し、さらに「愛嬌」があり「親しみ」がもてるように、黒目にアイキャッチを施したそうです

 

ところで、ホシザキ製品のペンギンさん、良く見ると右向きと左向きがあるのはご存知ですか?
➡これは常にペンギンが機械の中心方向を向くようになっているんですって
よって機械に向かって左側についているマークのペンギンさんは右向き、右側についているマークのペンギンさんは左を向いています

なるほど
皆さんもチェックしてみてくださいね

 

厨房買取王ではホシザキ製品、高価買取り強化中です
ご売却のご相談、お待ちいたしております

カテゴリー:メーカー紹介