厨房機器の買取・リサイクル【厨房買取王】のブログ

ドライキッチンってどんなキッチン?

水はけのよいキッチン

こんにちは
キッチンという場所は、お店でも家でも「清潔第一」ですね
さて「ドライキッチン」という言葉、聞いたことありますか?

「ドライキッチン」とは・・・

床面を含め、全体が常に乾いている状態に維持された厨房のこと。

頻繁に水を流す日本の厨房と、営業中にはほとんど水を流さない欧米の厨房を比較して生まれた言葉なんです。
ですので、欧米には「ドライキッチン」という言葉は存在しません。

「ドライキッチン」のメリット

何といっても衛生的
濡れた厨房ではカビや悪臭の原因が多くなります。
乾燥したキッチンでは細菌の繁殖を抑える事ができます。
食器や什器も錆びにくくなります。

従業員の安全性が高い
濡れた床は滑りやすく、怪我の原因になります。

従業員の身体の負担が軽減される
水はけを良くする為、傾斜が設けられている厨房もありますが、立ち作業をする従業員の身体には負担になります。

湿気が少ないので厨房内の温度が下がりやすい
湿気の多い厨房ではエアコンの効き目も低下します
湿気が少ない厨房は快適です

「ドライキッチン」、ざっと挙げただけでもメリットが多いですね

厨房内をドライな状態に保つために

清掃は営業後、洗剤を使って掃除し、お湯で流した後、モップやドライヤーを使い水分をしっかり乾かそう
可能であれば水を良く使う作業場と調理用の厨房を分けてみよう

衛生的な厨房はお客様、従業員、すべての人にとってメリットの大きい厨房と言えます。
「ドライキッチン」の環境を是非考慮してみてください。
「厨房をドライに」という心がけ一つで厨房の衛生面がぐっと上がるはずです

 

カテゴリー:未分類