東京・神奈川横浜厨房買取王のブログ

厨房機器の配達と受け取り方の注意点

厨房機器配送の注意

こんにちは
いつも厨房販売王のご利用ありがとうございます

今日は厨房機器を買って頂いた際の受け取り方についてのお知らせ、お願いです( `・∀・´)ノ

最近は宅急便の時間指定や再配達に関して、様々なトラブル、配達員の方の過剰な労働面などから値上げや規制が強化されています。
大型商品に関しても例外ではありません
気持ちよく商品を届けてもらい、受け取る為に、ルールはとても大切です

厨房販売王で販売しているオークションページには、配送に関する注意事項が大きく書かれています。
必ずしっかりと最後までお読みいただきたく、お願いいたします

 

──!!注目!!────────────────────────────────────
●トラックの入れる道幅を確認してください。
配達できる条件の荷物であっても、店舗の前の道路にトラックが入れない場合は、入れる場所まででのお渡しか、最寄りの営業所止めとなります。

※営業所止めとなったお荷物はご落札様ご自身で営業所までのお引き取りが必要となります。

 

●車上渡しの際、フォークリフトはありません!
トラックからの荷下ろしは落札者様で行って頂くようになります。

厨房機器は重量物の為、人員確保をお願いします。
冷却機器の場合、斜めにしたりすることで水漏れが発生、故障の原因となる場合もございます
せっかく購入した商品です。
多めの人数で、余裕をもって、大切に運んでいただきたいと思います

 

●厨房内での機器の設置・接続はお客様で行って頂きます。

●大型商品はお時間のご指定ができません。
発送後にお知らせする追跡番号を使って状況をご確認ください
到着予定日は、お手数でも人員確保のうえ、商品のご到着をお待ちいただくよう、お願いいたします。

 

●再配達はございません。
お受け取りいただけなかった場合は、最寄りの営業所でご自身でお引き取り頂くようになります。

 

●営業所止めになる商品
重量90Kg、高さ170㎝を超える品物、高さ、横幅、奥行の合計が450㎝を超えるお品物が対象となります。
ご自身でお引き取りが可能かどうか、落札前に必ずご確認ください。
トラックと運転手の手配は可能か、どの営業所で受け取るのが都合がよいか、等。
営業所のご指定は可能です。
※営業所からのお引き取りは1週間以内です。スケジュールも合わせてご確認ください。

────────────────────────────────────────────
 

上記ご確認のうえ、気持ちの良い商品の受け取りをしていただきたいと思っております

◇荷受けの際のトラブル、追加料金発生にはご対応できませんので、ご注意ください。

◇荷受けに関して、ご相談がある場合はお受けいたしますので、先にご連絡ください。

◇日程調整は、弊社では1週間まで無料でお預かりいたします。
1週間を超えるお預かりに関しては別途保管料が発生いたしますのでご注意ください。

 

最後に、基本的な事ですが、厨房機器は個人宅の配送はできません。
 
必ず、店舗や会社、法人の宛名をご連絡くださいね

 

 

カテゴリー:未分類

いまさら聞けない製氷機の『基礎講座』製氷能力?貯氷量?

製氷機買取イメージ

こんにちは
製氷機、飲食店では一年中必要な、厨房機器の中でも中心的な存在ですね
今日は、そんな製氷機の基礎をおさらいしてみましょう

■製氷能力とは・・
製氷機の能力は、「1日あたりの製氷能力」で表されていることがほとんどです。
例えば、25Kgの能力であれば、1日24時間で、約25Kgの氷が作れるということになります。
1日に25Kg製氷する機械が作り出す氷の量は、1時間あたり、約1Kgになります。

■貯氷量とは・・
読んで字のごとく、「機械の中にストックできる氷の量」の事を指しています。
こちらは1日の製氷能力の半分程度となっている機械がほとんどのようです。

■製氷機の大きさの選び方
まず、繁忙時に必要な氷の量を把握しましょう
例えばディナータイムに25Kgの氷を必要とするお店の場合、25Kgの製氷機では足りなくなります
最近は昔に比べて氷の使用量も増えています。
さらに、温暖化の影響も受け、暑い日の占める割合も増えていますので、一般的には「席数×1.5Kg」くらいの製氷機が打倒なところかもしれません。
※業種によるところも大きいです。

製氷機、せっかく購入したのに足りなかった!なんていう事のないよう、しっかり選びましょう

また、お手入れですが、小型製氷機に多い空冷式の場合はフィルタの定期的なお掃除が必要です。
毎日の一般的なメンテナンスだけでなく、定期メンテナンスもきちんとしておくと、ずっと透明できれいな氷が作れますよ

製氷機の高価お買取りは厨房買取王で承ります!
ご相談、お待ちいたしております

カテゴリー:厨房機器について

業務用食器洗浄機と家庭用食器洗浄機、どう違っているの?

業務用食洗機

こんにちは
食器洗浄機、お店でも家庭でも後片付けの効率化にはなくてはならない必需品
今日は業務用と家庭用食器洗浄機の違いを見てみましょう

決定的に違うのは洗剤です
手洗い(台所用洗剤)
●中性から弱アルカリ性の洗剤
●手肌への刺激が少ない
●主成分は界面活性剤。この乳化作用で食器の汚れを落とします。
●高起泡性

家庭用食器洗浄機
●弱アルカリ剤(炭酸塩程度)
●手肌への刺激が少ない
●主成分は界面活性剤、酵素
●無起泡性

業務用食器洗浄機
●強アルカリ性の洗剤
●手肌が直接洗浄液に触れる事がない、という前提(自動供給装置使用)
●主成分は苛性ソーダや苛性カリなど
●無起泡性

食器洗浄機は、高温の洗浄液を高圧で食器に噴射して、汚れを落とします
このとき、洗浄液を食器の汚れに直接当てて落とすため、泡が邪魔になるのです
その為、噴射されても泡立ちが少なく、短時間で汚れを落とせる洗剤が必要です
ですので、台所用洗剤を食器洗浄機で使用することは絶対にやめましょう

そして業務用食器洗浄機と家庭用食器洗浄機、仕上がり時間もまるで違ってきます
業務用は約1分、家庭用は乾燥を除いても30分はかかります
業務用食器洗浄機洗浄タンクとすすぎ水をあらかじめ設定温度で保持しています。
加えて強いアルカリ剤は化学的な力で食器の汚れを短時間で分解、あっという間に洗浄してくれるのです

業務用と家庭用、食器洗浄機の金額も大きく違いますが、貴重な時間も同様に違ってきます

食器洗浄機の導入を悩んでおられる方、家庭にも業務用を導入したい方もいるほど、業務用食器洗浄機は優れています
イニシャルコストは必要ですが、衛生面、時短、効率化を考えるとどうでしょう。
前向きに検討してみてはいかがでしょうか

厨房買取王ではホシザキ、マルゼン、パナソニックなど業務用食器洗浄機、高価買取り強化中です
是非ご相談ください

カテゴリー:厨房機器について

冷蔵・冷凍ショーケース、どんな風に使っていますか。

ケーキショーケース

こんにちはkiss
すっかり秋の風が吹いてきましたね。

秋と言えば食欲の秋!スイーツも新作が並びついつい手が出てしまいます・・・。


外出先で、ショーケースに並んだ美味しそうなケーキやデザート、お惣菜に惹かれてついついお店の中へ・・・なんていう経験はありませんか

そうなんです
視覚に訴えるショーケースの威力はすごいです
でも、冷蔵ショーケース、以前は電気代に悩まされませんでしたか
美しく商品をライトアップするショーケースの電気代は冷蔵代と照明代と、本当に電気の消費が凄まじかったですよね

最近の冷蔵ショーケースは、というと・・・
LED照明で節電!
マイコンによる制御でファンモーターの回転数を最適化して節電!
グラスウール繊維を加熱・圧縮した真空断熱素材を使用した断熱材で従来よりも断熱性能が飛躍的にアップ!
そう、電気代にそれほど頭を悩ませなくてもショーケースの導入が可能になりました

●生鮮・冷凍食料品などを扱う小型の食品スーパーやドラッグストアが急増し、冷蔵ショーケースの需要は高まるばかり
「このお店ではこんな商品の取り扱いがあるのね。」と一目でお客様に伝達が可能なショーケースの宣伝・広告能力は素晴らしいのです

●洋菓子店ではまさにお店の顔ですね
お店の第一印象をつかさどるショーケースは、機能はもちろん、デザインも大切です
洋菓子店の老舗、資生堂パーラー銀座本店のショーケースに見られるように、伝統と斬新さをアピールする鋭角なアリガのショーケース。
他にはパリでの質感をそのまま演出するようなショーケースもあります。(パティスリー サダハルアオキパリ 丸の内店)

ショーケースは「冷蔵しながら見せる」というのは当たり前、「魅せる働き・お店の雰囲気作り」「商品の宣伝」までしてくれるのが最近の冷蔵ショーケース

なんとも素晴らしいですね

冷蔵ショーケース、使い方次第で活躍・貢献の場が広がります
上手に使って、素敵なお店作り、商品のアピールに存分にお役立てください

厨房買取王では冷蔵・冷凍ショーケースの高価お買取りに力を入れています

カテゴリー:未分類

スチームコンベクションオーブンの魅力

nichiwa_steam_convection.jpg

お盆を過ぎると、もう秋の話題
ファッションも食べ物も秋の色
年々季節の先取りが早くなっていますね。
食欲の秋、どんなメニューに出会えるのか、楽しみにしているお客様はたくさんいます

そこで
値段は高価ですが、やはり使いこなせると便利なのが「スチームコンベクションオーブン」です
ホシザキ、東京ガス、マルゼン、タニコー、味の素、色々な会社のホームページにある「スチコンレシピ集」。
どれも美味しそう~

 

スチームコンベクションオーブンの一番の魅力はコンビネーションモード
熱風(ホットエアー)と蒸気(スチーム)を組み合わせた調理モードで、水分が失われないのが特徴です
その為、お肉や魚がやわらかく、ジューシーに仕上がります

●もうひとつの魅力は熱容量の大きさ
加熱時間が短くて大量の冷凍食品調理にも向いています

 

ご飯、パンなどの主食から揚げ物、炒め物、蒸し物、煮物とマルチにこなすスチームコンベクションオーブン
導入を検討する際は、「スチームコンベクションオーブンで何を作ろうか」「このメニューに使おう!」
と考えるのもいいですが・・・➡『美味しくなるのは当たり前、作業の効率化にも目を向けよう
現状から効率化を図りたい作業工程をピックアップ
スチームコンベクションオーブンの温度設定やスチーム量、容量をチェック
どのスチームコンベクションオーブンがお店に合っているのか、商品を絞っていく
のもいいと思います

また、スチームコンベクションオーブンを戦略的に使っている会社もあります
惣菜の販売、惣菜の加工に活用
様々な調理が可能なスチームコンベクションオーブンの技術を活かし、スーパーでは出来ないような惣菜の加工販売をして売り上げを伸ばしています

ミシュランに載るような超有名店からチェーン店まで、様々なお店で使われているスチームコンベクションオーブン
味のよい調理方法が可能なスチームコンベクションオーブンは、飲食店全体の味の底上げをしてくれそうです
消費者としては、調理人がいかにスチームコンベクションオーブンを使いこなし、美味しい料理を提供してくれるのか、楽しみに待ちたいところかもしれませんね

 

スチームコンベクションオーブン、厨房買取王で高価お買取りのご相談を承ります

 

 

カテゴリー:厨房機器について

ホシザキのロゴマーク『ペンギン』について

アデリーペンギン

こんにちは
今日は有名なホシザキのロゴマーク「ペンギン」について小ネタです(笑)

●さて、このペンギンは何ペンギン?答えは「アデリーペンギン」です
世間一般のペンギンイメージに最も近い姿をしているペンギンが「アデリーペンギン」。
体調は60~70㎝。白と黒のツートンカラーで、目の周りの白いアイリングが特徴です
 

東京オリンピックが開催された1964年、ホシザキは日本で初めて全自動製氷機の開発に成功、販売を開始しました
まだまだ日本では「製氷機」という言葉が知られていない時代・・・
製氷機をアピールするためのイメージキャラクターとして誕生したのがペンギンです

 

このペンギンマークには創業者の強い想いがあるそうです
「マークは目を引きやすく、覚えやすいもの。製品が顧客の信頼を得れば、その製品についているシンボルマークに価値が出て、そのマークのついている製品は信頼できる、とつながる。そしてその期待を絶対に裏切らないようにすることが大切」と


最初のマークの候補としてあがったのはシロクマとペンギンでした。
どちらもホシザキの代表作「製氷機」のイメージにぴったりです
ペンギンに決めたのは、ペンギンの方が「愛嬌があって親しまれやすい」ということからペンギンに決定
そして、幾度かの変更の途中、アデリーペンギンと一目でわかるアイリングがペンギンマークのデザインからなくなっていました
2016年7月、ペンギンマークの原点に立ち戻ったホシザキはアデリーペンギンの特徴であるアイリングを表現し、さらに「愛嬌」があり「親しみ」がもてるように、黒目にアイキャッチを施したそうです

 

ところで、ホシザキ製品のペンギンさん、良く見ると右向きと左向きがあるのはご存知ですか?
➡これは常にペンギンが機械の中心方向を向くようになっているんですって
よって機械に向かって左側についているマークのペンギンさんは右向き、右側についているマークのペンギンさんは左を向いています

なるほど
皆さんもチェックしてみてくださいね

 

厨房買取王ではホシザキ製品、高価買取り強化中です
ご売却のご相談、お待ちいたしております

カテゴリー:メーカー紹介

冷凍食品に代表される素晴らしい冷却技術

hozizakibrust.jpg

こんにちは
今日は冷たいお話をしてみたいと思います。
冷却冷凍について少し詳しく見てみましょう。

厨房機器である「ブラストチラー」「ショックフリーザー」
実はこの2つ、大きく違うんです。

⦿「ブラストチラー」とは:「冷却技術」
調理直後(90℃前後)の温度帯から投入可能
➡高速で冷却する菌が繁殖しやすい温度帯を高速で通過食材の劣化防止

⦿「ショックフリーザー」とは:「冷凍技術」
常温の温度から投入可能
高速で冷凍する細胞の破壊・酸化を防ぐ凍結前と同じ品質で再現が可能

上記の高速冷却技術により、「食材の香り・鮮度・色合い・栄養の保持」が可能になりました
また、高速冷凍技術により、「食材の長期保存」が可能になりました

【食品を冷凍するという事】
食品を冷凍すると、食品細胞内の水分は凍結し、氷の結晶に変化します。

※-1℃から-5℃の温度帯が最大氷結晶生成温度帯と言われています。
この温度帯をゆっくり通過すると、食品細胞内の水分が膨張し、膨張した氷の結晶が細胞を内側から破壊してしまいます。
冷凍を高速にすることにより、この温度帯を高速に通過、細胞破壊を防ぐことができるのです。

 

この2つの機能を併せ持った機械があれば、食品の作り貯めが可能になり、作業の効率化はもちろん、廃棄品の削減やメニューを増やしたり、収穫時期などによる価格変動の影響からも回避できます

~有名ブラストチラーのご紹介~
●ニチワ NBCシリーズ
●フクシマ ブラストチラー&ショックフリーザー
●ORION社 ブラストチラーRBシリーズ
●イノリックス・マルチフレッシュ
●パナソニック FCSシリーズ

どのような食材を冷凍保存したいのか、どのような調理品を冷却したいのか、目的によって選ぶ機器が変わってくると思います。
冷凍機ならショックフリーザー搭載の冷凍機、冷却機ならブラストチラー搭載の冷却機がおすすめです

急速冷却技術、急速冷凍技術を使って効率よく、美味しく楽しい調理ができるといいですね

厨房買取王ではブラストチラー、ショックフリーザー、もちろん高価買取り強化中です
ご売却のご相談、お待ちいたしております

 

カテゴリー:厨房機器について

ドライキッチンってどんなキッチン?

水はけのよいキッチン

こんにちは
キッチンという場所は、お店でも家でも「清潔第一」ですね
さて「ドライキッチン」という言葉、聞いたことありますか?

「ドライキッチン」とは・・・

床面を含め、全体が常に乾いている状態に維持された厨房のこと。

頻繁に水を流す日本の厨房と、営業中にはほとんど水を流さない欧米の厨房を比較して生まれた言葉なんです。
ですので、欧米には「ドライキッチン」という言葉は存在しません。

「ドライキッチン」のメリット

何といっても衛生的
濡れた厨房ではカビや悪臭の原因が多くなります。
乾燥したキッチンでは細菌の繁殖を抑える事ができます。
食器や什器も錆びにくくなります。

従業員の安全性が高い
濡れた床は滑りやすく、怪我の原因になります。

従業員の身体の負担が軽減される
水はけを良くする為、傾斜が設けられている厨房もありますが、立ち作業をする従業員の身体には負担になります。

湿気が少ないので厨房内の温度が下がりやすい
湿気の多い厨房ではエアコンの効き目も低下します
湿気が少ない厨房は快適です

「ドライキッチン」、ざっと挙げただけでもメリットが多いですね

厨房内をドライな状態に保つために

清掃は営業後、洗剤を使って掃除し、お湯で流した後、モップやドライヤーを使い水分をしっかり乾かそう
可能であれば水を良く使う作業場と調理用の厨房を分けてみよう

衛生的な厨房はお客様、従業員、すべての人にとってメリットの大きい厨房と言えます。
「ドライキッチン」の環境を是非考慮してみてください。
「厨房をドライに」という心がけ一つで厨房の衛生面がぐっと上がるはずです

 

カテゴリー:未分類

真空調理、真空包装機の魅力とは?

d-pack

こんにちは
暑い夏、厨房内の作業効率はいかがですか
作業効率アップにも一役買っているご存知、真空包装機。
真空調理(真空パックした状態で調理する事)のメリットを今一度考えてみたいと思います

食品の鮮度・品質を長期間保つことができる真空包装機

●なぜ、鮮度・品質を保つことが出来るのでしょう
食品は空気に触れると酸化して劣化につながります。
また、菌の繁殖にかかせない酸素。
空気に触れない真空保存では『酸素を遮断し、酸化と腐食、水分の発散を防ぎ、長期間鮮度を保つ事』が可能なのです。

●長期保存する事によってもたらされるメリット
・安価な時に大量仕入れする事ができ、コスト削減につながる。
・あらかじめ仕込みをし、風味を変えずに保存する事ができる。
・希少な野菜や伝統食品などの鮮度を保って保存、産地や品質にこだわる消費者への対応も可能。

さて、真空包装機のメリットが分かったところで真空調理のメリットも見ていきましょう。

≪真空調理のメリット≫
素材内の空気が抜ける代わりに、調味料が染み込みやすい。※調味料の削減につながる。
空気を抜く事で素材の細胞破壊を防ぎ、栄養価が損なわれにくい。
熱の伝導率が向上し、低温調理が可能。※肉類は柔らかくジューシーな仕上がりに。
真空パックする量を調整することにより、個食対応が可能。
空いている時間に仕込みができ、作業の効率化が図れる。

真空包装機、最近では家庭用の機械も出ているほど人気です。

真空パックする事で匂いも写りにくくなるので重ねて収納が可能、冷蔵庫整理もしやすいですよ

真空包装機をお持ちの厨房では是非フル活用して、効率化を図りましょう

カテゴリー:厨房機器について

アイスクリームにまつわるお話

カルプジャーニジェラートマシン

こんにちはsmiley
今年は暑いι(´Д`υ)アツィー
これだけ暑いと美味しいのが大人も子供も大好きな「アイス」
今日はそんな美味しいアイスにまつわるお話です。

憧れのジェラートマシン「カルピジャーニ社」について・・・。
ソフトクリーム界のフェラーリと呼ばれています。
「カルピジャーニ社」は1946年にイタリア、ボローニャに創立されました。
以来、半世紀を越えジェラートをはじめとする洋菓子製造機械メーカーとして躍進。
優れた性能とメンテナンス、サービスシステムは、世界各国から賞賛され、現在では世界1のシェアを誇るマーケットリーダーです。

カルピジャーニー社は「ジェラート大学」まで設立!
イタリア・ボローニャに1万2,000人もの生徒が通うジェラート大学があるんです。
世界各地にイタリア人以外が経営しているアイスクリーム店が増え、その数は半数を超えているそうです。
そこで、大学では英語とフランス語でレクチャーを行うコースも新設。
そして校長は日本人女性なんですよ。(※2011年時点)
カウンターにずらりと並んだアイスクリーム、たくさんのお菓子、ソフトクリームマシンとありとあらゆるアイスクリームについて学べるようです。
もちろん、実践だけでなく、座学の講座もあるようです。
アイスクリームの世界も奥が深いんですね。

日本では・・・
1980年にカルピジャーニ・ジャパンが設立。
デモンストレーション室を設け、カルピジャーニ・ジェラートユニバーシティ(ジェラート講習会)を発足しました。
ジェラートの作り方、衛生、製造管理、ジェラートビジネス(利益率)等に関して、トータルにサポートしています。
高性能なジェラート機器の日本のシェア率はヨーロッパのシェア率を上回るといわれているのには驚きですね。
講習会ではジェラートの最大の魅力「なめらかさ」を表現するノウハウやレシピの提案などが伝えられ、定期的に開催しています。
最近は、地域復興のため特産物を使ったレシピの開発や、今人気の野菜ジェラートのアドバイスを依頼されるそうです。
ジェラートの世界も日々進化を遂げていますね。

アイスクリームの日
日本アイスクリーム協会が1965年より実施しています。
アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの5月9日を「アイスクリームの日」として各種のイベントを開催しています。
アイスクリームはデザートランキングでも常にトップクラスの国民の人気デザート。
最近では埼玉県のショッピングモール〝レイクタウン″で5月9日のアイスクリームの日に合わせてGW期間中「アイスクリーム博覧会」が5年連続開催されています。
年々来場者も増え、今年2017年は7日間でなんと8万4千人が利用したそうです


大人気のアイスクリーム
この夏、お店のメニューに加えてみてはいかがでしょうか
ソフトクリームマシン、日本では「日世」が有名ですね。
カルピジャーニ社の製品に比べてお値段も手頃で使いやすいとも言われています。
とはいえ、ソフトクリームマシンもジェラートマシンも高級な機械であることに変わりはありません。

厨房買取王ではもちろん、ソフトクリームマシン・ジェラートマシンも高価買取り強化中です
機械をお探しのオーナー様は、厨房買取王のオークションページも見てみてくださいね

美品に出会えることも

カテゴリー:メーカー紹介