厨房機器の買取・リサイクル【厨房買取王】のブログ

店内温度にはどんな気配りをしていますか。

飲食店:業務用エアコン

こんにちは
飲食店での温度設定は、とても難しいですねcheeky
寒すぎる、暑すぎるなど、室温が快適でないお店はお客様に快適ではありません
また、リピート率にも大きく関わってきます。
お店でのエアコン設定温度、見直してみませんか?

●厨房は暑い!
火を使う厨房はとても暑いです
その厨房に合わせてエアコンの温度設定をすると、冷えすぎてしまいます。
かといって汗だくで調理をしたり、配膳をしたりするのは見た目も衛生面も良くありません
労働意欲にも影響が出てしまいますね

厨房には・・・
扇風機を置いて熱を分散させる
スポットクーラーで局所的に熱を下げる
など、厨房内、従業員の方の体感温度に合わせた設定を別個に作りましょう。

●接客業での最適温度は26℃
家庭での設定温度は28℃が最適と言われていますが、接客業では26℃。
しかし、冷たい空気は足元にたまりやすく、設定温度だけで快適な室温を保つ事は難しいのです

工夫をしよう!・・・
窓際、テーブル席、厨房近辺の席など、店内の複数の計測ポイントをを設けて温度をチェックする。
窓際にはグリーンカーテンやすだれなどで日差しや熱気を遮断しよう。
シーリングファンの取付けはおすすめです

~優れもののシーリングファン~
天井でゆっくり回っている大きなプロペラ。
南国リゾートの雰囲気もあり、演出効果もありますね
それだけではありません!
天井付近には、厨房からの熱気が固まっています
この熱気は、冷風をより床面に押し下げます
天井に取り付けられたエアコンは、残った熱気をキャッチ。
客席が適温になっていても、パワー全開で稼働してしまうのです
これにより、店内の冷えすぎ、電力の無駄な消費を招きます
シーリングファンは、この悪循環を招かない大きな役割をしているのです
天井の熱気を、床面にゆっくり攪拌させてくれます。
シーリングファンによって店内の温度を均一化したり、温度を下げる効果を得られます
お洒落なシーリングファン、見た目だけでなくその役割は本当に優れものです

いかがでしょうか。
気温に敏感なお店はサービスの質も良い、と判断される事が多いです
お客様一人ひとり、体感温度が違います。
お客様全員に合わせる事は難しいですが、店内の工夫に加えてお客様への声掛けでカバーしていきましょう

カテゴリー:未分類